飛行機で行く!おすすめ国内旅行

2018年11月23日

新幹線で行けない本州の名所に行く

北陸新幹線・北海道新幹線・九州新幹線の開通により、2010年に入って全国各地を新幹線にて移動できるようになってきています。しかし、まだまだ新幹線では直接アクセスできない地域も存在し、そんな地域こそ格安航空券を使った旅行の目的地として良いと言えます。例えば北陸地方の中でも福井県や石川県の南部エリアにはまだ新幹線で行けないほか、山陰地方の各県も新幹線で直接アクセスする事は不可能です。その中で、石川県南部に位置する小松市の小松空港まで飛行機でアクセスすると、周辺に加賀温泉をはじめとした温泉地が多数あって温泉を楽しめます。さらに空港付近の安宅海水浴場は沖縄の海にひけを取らない美しさで、夏であればそちらで泳いだりする事も可能です。

飛行機なら四国にもすぐ着く

本州の山陰地方などと同様に、四国各県も今のところ新幹線を利用していく事が出来ず、例えば関東からの直行便はサンライズ瀬戸(寝台特急)しかありません。サンライズ瀬戸はプライバシーが確保された個室で移動できるのが大きなメリットですが、逆に東京から高松に到着するまで10時間近くの時間を要します。一方、飛行機で向かう場合は羽田空港や成田空港からわずか1時間半前後です。空港は山岳地帯と平地の境目の辺りに位置し、南部に向かえば山や川での遊びを楽しめますし、北に向かうと高松市街地に沢山の観光スポットがあります。その他、歴史好きの人は高知空港まで行き、日本史とのゆかりが深いスポット巡りをするのも良いでしょう。ちなみに空港からの距離を考えると、高松市も高知市も関東から十分日帰り可能です。